アパート経営は賢い資産形成の方法です

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパート経営の魅力とは何か。定期的な収入が得られることです。入居者がいる限り安定した家賃が毎月入ってきます。景気の変動があっても家賃が大幅に減ることはありません。入居者の確保と賃貸管理がうまくいけば長期的な資産形成をすることができます。ローンを利用することで少額でも経営を始めることができます。さらに家賃でローンを支払いますから月々の負担は管理費用だけです。
節税効果もありますので賢い資産形成ができる方法になります。短期の運用をするより長期にわたって安定収入を確保できるのが大きなメリットになります。そのためにも入居者に選ばれる物件づくりが必要です。常識を覆すような防音・遮音性能を誇る物件を選ぶことで、隣室に対する音の気遣をしないで暮らせるので空室率を低くすることができます。

少ない資金でもできる賃貸経営とは

毎月安定した家賃収入が確保できれば、金融資産による投資に比べて景気の変動に影響されない資産形成ができます。しかも土地がなくても建設資金と合わせて、ローンの借り入れで返済できます。少ない資金でも賃貸経営をすることは可能です。ローンの支払いが終わった後は、無担保の土地が手元に残ることになります。家賃収入からローンの返済を行いますから、サラリーマンの方でも簡単に始められるのがメリットになります。ローンを組む際には銀行の指定する団体信用生命保険が組み込まれています。このことで万が一のことがあったとしても、生命保険によって完済することができます。
今後景気が回復してきていますので金利が上がることも予想されます。物価が上がってくればインフレになることも考えられます。景気変動に強いのが強みになります。

アパート経営の節税効果は大きい

不動産には税金が毎月発生しますから、税金対策にもアパート経営は利用されます。対象になるのは、土地の固定資産税・都市計画税と相続税です。他にも損失や建物の減価償却を利用した、所得税・住民税の減税があります。特に宅地として利用されている土地は、相続税では更地に比べて大きな評価減を受けます。評価額を小さくすることで節税につながります。
賃貸経営による事業所得は、給与所得などと通算するのでたとえ赤字になっても税金面ではメリットを受けられます。初年度は、投資に費やす経費が膨らみますので一般に赤字になります。税金で戻ってくると考えれば負担も気になりません。建物には減価償却がありますから、毎年価値が下がっていく分支出のない経費に認めてもらうことができます。

アイケンジャパンの資料・DVDを無料でご覧いただけます。 はじめてのアパート経営でも様々な提案でサポートいたします。 若いOLの方が住みやすいように設計されているので、入居率が99%を超える安心安定の不動産投資です。 アイケンジャパンはお客様との信頼関係の向上に努め、日々努力をし続けます。 アパート全てが完成した後もあらゆるサポートをしております。 アパート経営に関心がある方はこちら

ピックアップ記事

副業としてアパート経営をする時の税金には注意

アパート経営は他の投資と比べて比較的初期投資が高くなる傾向がありますが、ローンを組む場合には購入するアパート自体を担保に入れる事ができる分だけローンの審査が通りやすいです。資産を持っていない人でも他に...

副業としてのアパート経営の魅力

副業として行える投資や仕事の種類は多く存在しますが、その中でアパート経営を行う人は多くいます。アパートを購入して運用していく魅力はいくつもあって上手く運用する事で将来的に大きな資産を形成する事ができま...

アパート経営の特徴や利点、入居率について

アパート経営のリスクの一つでもある空室率や入居率は家賃収入に影響を与える要因と言われています。大家さんになる事で入居者から毎月決められた家賃を貰う、これが不労所得として得られるメリットを持ちます。空室...

アパート経営をする時の管理委託契約

アパート経営をする時はアパートを購入してから管理業務を行わないといけません。業務内容は入居時と退去時の手続きや入居者からのクレーム対応まで様々です。多くの物件を同時に運用している場合や他に本業があって...