副業としてのアパート経営の魅力

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

副業として行える投資や仕事の種類は多く存在しますが、その中でアパート経営を行う人は多くいます。アパートを購入して運用していく魅力はいくつもあって上手く運用する事で将来的に大きな資産を形成する事ができます。
株式などに投資するのと比べて短期間で投資金の何倍もの利益をあげるような特性はありませんが、不動産自体に資産価値があるので、家賃収入を得られる以上のメリットがあります。
より安定的に大きな資産を形成する為には価格の割に条件の良い不動産を選んで運用する事です。逆に割の悪い不動産を選んでしまうと資産を作り上げるどころか損失を生み出してしまう可能性があるので、注意が必要です。またローンを組んでアパートを購入する時は余裕のある返済計画を立てるべきです。

副業として参入しやすいのが特徴

アパート経営を始める時の初期費用の相場は決して安い金額ではありません。それでも不動産その物に資産価値があるので購入したアパートを担保にローンが組みやすいので自己資金を用意できない人でも副業として始めやすいです。
他に本業がある人だと本業に費やす時間が多くなるので、経営を始めてからの管理業務が大きな負担になる事があります。しかし管理会社に業務委託という形で代行してもらえばオーナー本人が行う必要がなくなるので、少ない負担で行えます。
アパートを運用していく過程で背負う事になる空室リスクは本来オーナーが常に負うものですが、サブリース契約という管理会社が不動産を借り上げる形の管理委託契約をする事で空室リスクを排除する事もできます。その為長期的に本業と同時進行で行う予定の人に適しているビジネスです。

特定の需要に依存しない不動産を選ぶ

アパートは建物だけでなく、立地によって価値が大きく変わってきます。立地が良くて都市部にアクセスが良かったり、交通機関に近いと生活に便利でニーズが高くなるからです。都市部や交通機関が近くになくても周辺の人口が多くなる要素がある場所だとある程度需要が見込めるので、不動産の価値が上がります。
不動産を選ぶ時に同じようにニーズがある物件でも近くに学校や特定の企業があるからといった特定の需要に依存する物件を選ばないようにするべきです。本来地価が安い場所であるにも関わらず特定の需要がそこにある事で相場が上がった物件を選んでしまうと、将来的に学校や企業の移転で需要が低くなると経営状態が悪化する可能性が高いです。
そうなると長期的に利益をあげるどころか大きな損失を出してしまうので、幅広い人に需要が分散している不動産を選ぶべきです。

ピックアップ記事

副業としてアパート経営をする時の税金には注意

アパート経営は他の投資と比べて比較的初期投資が高くなる傾向がありますが、ローンを組む場合には購入するアパート自体を担保に入れる事ができる分だけローンの審査が通りやすいです。資産を持っていない人でも他に...

副業としてのアパート経営の魅力

副業として行える投資や仕事の種類は多く存在しますが、その中でアパート経営を行う人は多くいます。アパートを購入して運用していく魅力はいくつもあって上手く運用する事で将来的に大きな資産を形成する事ができま...

アパート経営の特徴や利点、入居率について

アパート経営のリスクの一つでもある空室率や入居率は家賃収入に影響を与える要因と言われています。大家さんになる事で入居者から毎月決められた家賃を貰う、これが不労所得として得られるメリットを持ちます。空室...

アパート経営をする時の管理委託契約

アパート経営をする時はアパートを購入してから管理業務を行わないといけません。業務内容は入居時と退去時の手続きや入居者からのクレーム対応まで様々です。多くの物件を同時に運用している場合や他に本業があって...


必要なこと