副業としてアパート経営をする時の税金には注意

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパート経営は他の投資と比べて比較的初期投資が高くなる傾向がありますが、ローンを組む場合には購入するアパート自体を担保に入れる事ができる分だけローンの審査が通りやすいです。資産を持っていない人でも他に本業がある人は所得が定期的にあるので、特に審査に通る可能性が高く資金を用意しやすいです。
本業を他に抱えながら経営する場合は本業の収入だけで生活が成り立つので、ローンの支払いがあるうちは家賃収入を全てローンの支払いにあてようと考える人もいます。
しかし家賃収入による所得増で税金の増額が発生ます。そのため本業の所得だけでは生活できない状況になる可能性もあるので、所得増による税金の負担も考えて投資するアパートを選ぶ事が必要です。また副業として経営する時は一人で管理業務を行えないので、管理委託をする手数料の事も考えておくべきです。

アパートを失わない為に余裕のあるローンを組む

不動産を購入する時は購入した後のローンの支払いや運用益の事を考えて選ぶ必要があります。ローンを組んで不動産を購入する時に最も注意する事は余裕がないローンを組んで支払いが滞らないようにする事です。
もしローンの支払いができなくなればアパートは差押えられて売却されてしまいます。払えなくなって競売にかけられた場合は相場より安く買い叩かれてしまいますし、任意売却ができても相手に事情を知られて安めの価格でしか売却できない事が多いです。その為支払いができなくなってアパートを手放せばほとんどのケースで投資金を回収できないままアパートを失う事になります。
このような経営の失敗をしない為にはローンを組む時に余裕のある返済計画を立ててアパートを購入するべきです。

サブリースで空室リスクの排除を考える

返済に余裕のあるローンを組んで不動産を購入しても空室率が高い状態が続けば経営状態の悪化は避けられません。ローンを払い続ける事ができても不動産のような減価償却財は時間の経過と共に価値が下がるので、長い間利益が出ない期間が続くとアパート経営で得られる利益が大幅に減ってしまいます。
アパート経営をしていく中で常に付きまとう空室リスクをサブリース契約を利用する事でなくす事ができます。サブリース契約では同じ管理委託契約でも一般管理契約と比べてオーナーの利益の最大値は低くなります。
それでも毎月一定の賃料がオーナーに管理会社から支払われるので、空室によって収入が減少するリスクを管理会社が負ってくれます。長期的に安定して経営をする為にはサブリース契約を選択するのも一つの良い方法です。

ピックアップ記事

副業としてアパート経営をする時の税金には注意

アパート経営は他の投資と比べて比較的初期投資が高くなる傾向がありますが、ローンを組む場合には購入するアパート自体を担保に入れる事ができる分だけローンの審査が通りやすいです。資産を持っていない人でも他に...

副業としてのアパート経営の魅力

副業として行える投資や仕事の種類は多く存在しますが、その中でアパート経営を行う人は多くいます。アパートを購入して運用していく魅力はいくつもあって上手く運用する事で将来的に大きな資産を形成する事ができま...

アパート経営の特徴や利点、入居率について

アパート経営のリスクの一つでもある空室率や入居率は家賃収入に影響を与える要因と言われています。大家さんになる事で入居者から毎月決められた家賃を貰う、これが不労所得として得られるメリットを持ちます。空室...

アパート経営をする時の管理委託契約

アパート経営をする時はアパートを購入してから管理業務を行わないといけません。業務内容は入居時と退去時の手続きや入居者からのクレーム対応まで様々です。多くの物件を同時に運用している場合や他に本業があって...


必要なこと