アパート経営の特徴や利点、入居率について

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパート経営のリスクの一つでもある空室率や入居率は家賃収入に影響を与える要因と言われています。大家さんになる事で入居者から毎月決められた家賃を貰う、これが不労所得として得られるメリットを持ちます。空室が出来てしまう、入居者を募集しても借り手がつかないなどの場合、その時点で家賃収入が減る事になります。
4世帯入居可能なアパートで、全室が満室の状態であれば4部屋分の家賃を得られます。2部屋が空いてしまえば収入は単純に考えても半分に落ち込む事になるわけです。経営の中では空室が生じる前に対策を行う、専門の会社に委託を行って入居者が退去してもすぐに次の入居者が見つかるようにするのが理想の経営と言えましょう。また、魅力ある物件を利用して不動産投資を行う事も空室対策に繋がります。

入居者の募集と人が集まりやすい物件について

入居率が高い物件の場合、駅から歩いてすぐの場所にある、敷地内に入居世帯数分の駐車場が完備してある、建物が新築もしくは設備が充実しているなどの共通点を持っています。不動産投資を始める時にどのような物件であれば借り手が付きやすいのかを把握しておく必要があるわけです。
アパート経営も不動産投資、アパートを選ぶ時には入居者の募集を行って借りたいと感じる物件を考える事が大切です。ちなみに、自分がアパートを借りるとしたら、どのような部屋であれば借りたいのかを考えるのも入居率を高める秘訣になります。一人暮らし用の物件を選ぶのであれば、単身者が求めるこだわりに対応出来る物件になるのかも考えてみましょう。バス・トイレ別、ペット飼育可能などのこだわり条件を満たす事も大切ではないでしょうか。

オーナーチェンジ物件のメリットとデメリット

アパートを使って不動産投資を行う時、オーナーチェンジ物件と呼ぶ中古アパートの選択肢があります。オーナーチェンジ物件は、既に入居している人がいるため、アパート購入後から家賃の収入を得られるメリットがあります。但し、全室が満室になっているか否かで収入は変わります。
アパート経営の利点は家賃を受け取れる、これを収入として計上出来る点です。オーナーチェンジ物件の場合は、既に入居者が住んでいるわけですから家賃の額を上げる事は難しいでしょう。前オーナーが格安にしていれば、入居率も高くなる、その反面収入は相場よりも少なくなるデメリットを持ちます。尚、アパートを購入する前に、相場を把握しておく、オーナーチェンジ物件の場合には相場と比較して高いのか否かを確認しておくと安心です。

ピックアップ記事

副業としてアパート経営をする時の税金には注意

アパート経営は他の投資と比べて比較的初期投資が高くなる傾向がありますが、ローンを組む場合には購入するアパート自体を担保に入れる事ができる分だけローンの審査が通りやすいです。資産を持っていない人でも他に...

副業としてのアパート経営の魅力

副業として行える投資や仕事の種類は多く存在しますが、その中でアパート経営を行う人は多くいます。アパートを購入して運用していく魅力はいくつもあって上手く運用する事で将来的に大きな資産を形成する事ができま...

アパート経営の特徴や利点、入居率について

アパート経営のリスクの一つでもある空室率や入居率は家賃収入に影響を与える要因と言われています。大家さんになる事で入居者から毎月決められた家賃を貰う、これが不労所得として得られるメリットを持ちます。空室...

アパート経営をする時の管理委託契約

アパート経営をする時はアパートを購入してから管理業務を行わないといけません。業務内容は入居時と退去時の手続きや入居者からのクレーム対応まで様々です。多くの物件を同時に運用している場合や他に本業があって...


活用法