アパート経営をする時の管理委託契約

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパート経営をする時はアパートを購入してから管理業務を行わないといけません。業務内容は入居時と退去時の手続きや入居者からのクレーム対応まで様々です。多くの物件を同時に運用している場合や他に本業があって副業として経営している場合は業務を自分だけで行う事は難しいです。
そういった場合でも管理委託契約を業者とする事で業務を代行してもらえます。管理委託契約には大きく分けて一般管理とサブリースがあります。一般管理契約は業務を代行してもらって収益の一部を業者がオーナーが支払う仕組みです。サブリースは管理会社が物件を借り上げて運用して得た利益から一定の賃料を業者がオーナーに支払います。それぞれメリットとデメリットがあるので、理解した上でどちらにするか選ぶべきです。

一般管理契約で管理会社と契約するメリットとリスク

一般管理契約では管理業務を管理会社に代行してもらえますが、家賃の設定や敷金や礼金の設定もオーナーが決める事ができます。その為高い入居率を維持した上で適切な家賃や敷金や礼金を設定する事で高い利益率を実現できます。
一般管理契約のリスクはオーナーの収益の中から管理会社に管理委託契約による手数料を払う事になります。その為空室率が上がって家賃収入が減った場合はオーナーの収益が大きく減るので、空室リスクを常に抱える事になります。また入居者が退去する時の原状復帰をする修理費用が発生する可能性があります。
同じ一般管理契約でもオーナーが払う手数料は管理会社によって違うので、会社に支払う手数料とそれ以外の細かい契約内容を比較して利用する会社を選ぶと良いです。

サブリース契約のメリットとリスク

サブリース契約とは一般管理契約と違って管理会社がオーナーの不動産を借り上げて運用します。オーナーには管理会社から一定の賃料が支払われるようになっています。
サブリース契約を選ぶメリットは一定の賃料が入居率に関わらず保証されるので、安定した収入を得られます。業者にアパート経営自体を任せるような形になるので、トラブルが発生してもオーナーが対応する必要はなくなる事もメリットです。
リスクとしては借り上げて不動産を運用するので、大家に家賃や資金や礼金の設定をする権利はありません。入居者に関しても大家に選ぶ権利はありません。空室リスクを業者側が負う事になる分だけ業者の取り分は一般管理契約と比べて多くなります。その結果サブリース契約は安定性はあるものの大きな利益をあげにくいです。

ピックアップ記事

副業としてアパート経営をする時の税金には注意

アパート経営は他の投資と比べて比較的初期投資が高くなる傾向がありますが、ローンを組む場合には購入するアパート自体を担保に入れる事ができる分だけローンの審査が通りやすいです。資産を持っていない人でも他に...

副業としてのアパート経営の魅力

副業として行える投資や仕事の種類は多く存在しますが、その中でアパート経営を行う人は多くいます。アパートを購入して運用していく魅力はいくつもあって上手く運用する事で将来的に大きな資産を形成する事ができま...

アパート経営の特徴や利点、入居率について

アパート経営のリスクの一つでもある空室率や入居率は家賃収入に影響を与える要因と言われています。大家さんになる事で入居者から毎月決められた家賃を貰う、これが不労所得として得られるメリットを持ちます。空室...

アパート経営をする時の管理委託契約

アパート経営をする時はアパートを購入してから管理業務を行わないといけません。業務内容は入居時と退去時の手続きや入居者からのクレーム対応まで様々です。多くの物件を同時に運用している場合や他に本業があって...


魅力